世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

ドラクエ7の感想(超序盤)

 

 3DS版ドラクエ7が発売されてから1ヶ月以上経ちました。みなさんの進捗はどれぐらいでしょうか。すでにクリアした方もいらっしゃるかと思います。

 僕は発売日に購入しましたが、のべプレイ時間が6時間ぐらいです。「のべ」と言っているのは、一度子どもにデータを消されたからで、再び最初から同じ所をプレイしているからです。ちなみに現時点で、消される前の進捗まで進んでいません。主人公のレベルは9です。

 

 とりあえず超序盤ですけど感想を書きたいと思います。主にシステム面の感想ですので、内容的にネタバレはありません。(そもそもネタバレするほど進んでない) 

 

・バトルがサクサクで小気味良い

 今までのドラクエはバトルがもっさりという印象が個人的にはあったのですが、今作はスピーディーとは言わないまでもサクサクした印象があります。手元に参考になるドラクエが無いのでなんとも言えませんが、今までがキャラAの行動終了→キャラBの行動開始だったのが今作はキャラAの行動終了間際にキャラBが行動開始するような感じ。バトルに時間がかかってめんどくさいなぁと思うことは今のところありません。

 

・シンボルエンカウントが便利

 リメイクされて大きく変わった点ですね。フィールド上に敵キャラクターが表示されていて、自キャラクターと重なるとバトル開始。

 僕はシンボルエンカウントのゲームってあまり好きじゃなかったんですけど、今作は良い感じです。そもそもシンボルエンカウントが好きじゃない理由はバトルが長いことが原因だと僕は感じていて、フィールドに敵キャラクターが表示されていると億劫になったものでした。それが今回は前述したとおりバトルがサクサクなので全然ストレスに感じません。ストーリーを進めたい場合は敵キャラクターが見えているので100%ではないにしろ避けて通ることもできますし。

 

・左手だけで大体の操作ができる

 リメイク前はどうだったか覚えていませんが、メニューを開く以外のことはほとんど左手の操作だけで済みます。特に便利なのが敵とのバトルで、雑魚相手ならLボタンを押していればあっという間に終了。シンボルエンカウントなので敵を見つけては突撃してサクサクとLボタンで倒す。使うのは左手だけなのでレベル上げが捗ります。まぁ、ランダムエンカウントなら画面を見る必要も無いのですが…

 

・「せんれき」が便利

 これも今回新しく追加された機能です。今までの冒険の流れや直近の出来事、石版に関する情報などを見ることができます。

 僕はこの機能があるから今回ドラクエを買ったといっても過言ではありません。というのも、最近ではゲームに割く時間が少なくなってきていて一日数時間できることなんてあまりなく、それ以前に毎日できることは稀。数日、あるいは数週間空くこともザラ。なので時間が出来たとしてRPGを再開しても次に何をしていいか分からないことが多々あるんですよね。で、分かんないから結局放置。

 この機能は次にすべきことのヒントをくれるので、どれだけ時間を開けてプレイしてもエンディングまで辿り着けるはず。たぶん。

 

・フィールドでのセーブが不便

 前作でもそうだったのか覚えていませんが、フィールド上でセーブするとソフト終了まで戻されます。もちろんソフトを再起動すればフィールド上から物語を再開することは出来ますが、最起動時のタイトル表示までが長いんすよ。せいぜい数十秒なんだけど、煩わしい。フィールド上でセーブしても物語をそのまま続けるって選択肢はなかったんでしょうか。「3DSを閉じてスリープで運用すりゃいいじゃん」て話しなんですけど、そうしていたら子どもに消されてしまっていたので…

 

・最後に

 まとめますと、僕としては好感が持てるシステムになっており、末永く遊べそうです。ただ、「せんれき」機能でいつ再開しても迷うことなく続きができることが逆に、しばらく放置してしまうことに繋がってしまう気もしないでもない。実は「ソウル・サクリファイス」も気になっているしなー。

 

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち

広告を非表示にする