世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

iPhoneの動作が遅くなったと感じた時に覚えておきたい対処法

 iPhoneを日々使用していると、動作がだんだんと不安定になってきます。具体的には、アプリの起動が遅くなったり、アプリが強制終了したり、文字変換が遅くなったり、ページの切り替えが重くなったり。これでは快適性が損なわれてストレスが溜まってきます。

 

 iPhoneの動作が不安定になる原因としてはいくつかありますが、理屈よりも快適性を取り戻すことを優先して、ここでは詳しく解説しません。ただ、基本的にはパソコンが不安定になることと同じ、と覚えておいて間違いないと思います。

 

 原因はパソコンと同じ、と書きましたが対処法もパソコンと同じです。パソコンの調子が悪くなったら起動中のソフトを終了して再起動しますが、iPhoneでも調子が悪くなったら起動中のアプリを終了して再起動、です。

 

起動中のアプリを終了する

 iPhoneのホームボタン(本体下部)を素早く2回押すと、画面下部に起動中のアプリが並んで表示されます。その中のどれかのアプリを長押しするとアプリアイコンがプルプル震えだすと同時に、アプリアイコンの左上にマイナスマークが出ます。このマイナスマークを押すことでアプリを終了させることができます(アプリそのものはiPhoneから削除されません)。このマイナスマークを繰り返し押していき、全ての起動中のアプリを終了させます。

 一括で全てのアプリを終了させる方法はありませんが、マイナスマークは複数同時に押せるので、多少の時間短縮になると思います。

 

再起動する

 iPhoneのスリープボタン(本体上部右側)を長押しします。画面が変わるので、電源オフを右にスライドします。画面中央でインジケータがクルクル周り、しばらくすると画面が真っ暗になります。これでiPhoneの電源が切れました。再びスリープボタンを長押しします。画面中央にアップルマークが表示されます。しばらくするといつもの見慣れた画面が表示され、iPhoneの再起動が完了します。

 

 僕のiPhoneは「メッセージ」アプリを使っていくと徐々に不安定になってくるので、月に1〜2回は上記手順でiPhoneを再起動しています。

iPhoneの裏技マル秘テクニック (裏技大全)

iPhoneの裏技マル秘テクニック (裏技大全)

広告を非表示にする