世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

テレビ番組「プロフェッショナル」に対する感想

 テレビ離れが叫ばれて久しい昨今ですが、僕は比較的テレビが好きで週に20時間ぐらいは観ています。テレビをつけっぱなしにしておいてダラダラと見るのではなく、好きな番組だけを録画しておいて時間があるときに観る、というスタイルです。

 

 今回はその中から「プロフェッショナル」を取り上げ、感想を書いていこうと思います。

 

番組概要

 ・NHK総合で毎週月曜日の22:00〜22:48に放送されている

 ・仕事密着ドキュメンタリー番組

 

この番組を観る理由

 僕は基本的にドキュメンタリー番組が好きです。現在放送されているドキュメンタリー番組は多々ありますが、この番組は毎回その業界のプロフェッショナル1人に焦点を当てて放送されるという形です。

 人に密着するタイプで似たような番組にTBS系列で放送されている「情熱大陸」があります。「情熱大陸」ではその人の魅力や人柄に迫るのに対し、「プロフェッショナル」ではその人の仕事に対する考え方や進め方に重点を置いています。そのため、その人そのものに興味がなくても、実生活(仕事)に活かせるような内容です。

 

 普通、一生のうちで個人が携われる仕事の種類は限られています。この番組ではいろんな職種の人が登場し、しかもその道のプロの技を垣間見ることができます。この番組を観るだけで、多種多様な仕事の見識を深められることも魅力の一つだと思います。

 

 また、仕事をしている中で誰もが悩みを抱えていると思います。この番組を観ていると、今はプロの世界の第一線で活躍していても、過去には挫折を経験したという人が数多く登場します。その挫折の克服方法は人それぞれなので参考になる場合もあれば参考にならない場合もあります。ですが、その挫折をきっかけに仕事で大成した姿を見ていると、明日からの仕事への活力が湧いてきます。

 

 仕事の中での悩みはあって当たり前。その悩みと真正面から向き合って対処することが今後の飛躍につながるのだと思います。

「プロフェッショナル 仕事の流儀」決定版 人生と仕事を変えた57の言葉 (NHK出版新書 362)

広告を非表示にする