世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

【Mac】Time Machineでバックアップを取る手順

 Mac OSには標準でTime Machineというバックアップソフトが入っています。一般的に、パソコンのデータをバックアップする際には面倒な手続きや煩わしい設定があって敬遠してしまいがちですが、Time Machineではそれらのことを極力排除して簡単便利にパソコンのデータをバックアップできます。

 以下に、外付けハードディスクを使用してTime Machineでデータをバックアップする手順を残しておこうと思います。

 

1.外付けハードディスクをMacに接続する

 USBケーブルで接続しましょう。外付けハードディスクはMac用のファイルシステムにフォーマットしておく必要があります。詳しくは【Mac】外付けハードディスクをフォーマットする手順を参照してください。

 

2.Time Machineを起動する

 [システム環境設定]を開き、その中にある[Time Machine]をクリックします。

f:id:jolene:20130722172019p:plain

 

3.バックアップの保存先を選択する

 [ディスクを選択...]をクリックします。

 ちなみに、左にあるTime Machineのスイッチが[切]なら[入]にしておきましょう。[入]にしておくことで、定時的に自動でバックアップを取ってくれます。また、定時バックアップをやめたい場合は[切]にするだけで良いです。

f:id:jolene:20130722172027p:plain

 

4.外付けハードディスクを選択する

 Macに接続した外付けハードディスクを選択し、[ディスクを使用]をクリックします。

f:id:jolene:20130722172035p:plain

 

5.設定を確認

 外付けハードディスクが設定されていることを確認します。

f:id:jolene:20130722172043p:plain

 

 以上で、Time Machineでバックアップを取る手順は終わりです。あとは定時的に自動で外付けハードディスクにバックアップを取っていってくれます。

 

 最初のバックアップはデータすべてが対象になるのである程度時間がかかりますが、2回目以降は変更があったデータのみバックアップの対象(差分バックアップ)になるので時間はかかりませんし、容量も少ないですし、パソコンへの負荷も感じられません。

 

 設定も簡単、バックアップも自動。Macユーザなら、Time Machineを使わない手はないと思います。

I-O DATA USB3.0対応 レグザ・アクオス録画対応ポータブルハードディスク「カクうす」 500GB ブラック HDPE-UT500 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)]

広告を非表示にする