世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

新型Nexus7(2013)の設定 〜無線とネットワーク編〜

 Nexus7を購入してから一週間以上経ち(新型Nexus7(2013)を購入しました。開封の儀。)、初めは戸惑っていたAndroidの操作もずいぶん慣れてきました。操作している中で、使いやすいようにあーでもないこーでもないと設定をいじってきました。最近ようやく落ち着いてきたので、僕がNexus7で設定している内容を公開してみたいと思います。

 

 Nexus7の設定にはいくつかのカテゴリがあります。今回は「無線とネットワーク」カテゴリの設定を紹介します。

 

無線とネットワーク 

f:id:jolene:20130908130437p:plain

 「無線とネットワーク」ではWi-Fi(無線LAN)とBluetoothに関する設定ができます。

 

 Wi-Fi → ON:無線LANを使うかどうかの設定。無線LANを使わなければNexus7はただの板。当然ONにしています。

 Bluetooth → OFF:ONに設定すれば、キーボードやスピーカーなどの周辺機器をBluetoothを介して使用することができます。僕はNexus7を周辺機器と繋げることはせず、単体利用だけなのでOFFにしています。電力消費の観点からも使用しない場合はOFFにしたほうが良いと思います。

 

Wi-Fi詳細設定

f:id:jolene:20130908130444p:plain

 Wi-Fiをタップすると上記Wi-Fi詳細設定が表示されます。ここから任意のアクセスポイントをタップして接続します。

 新型Nexus7(2013)では従来の2.4GHz帯に加え、5GHz帯の周波数にも接続できるデュアルバンドに対応しています。無線LANルーターなどのアクセスポイントが5GHz帯に対応していれば、電波干渉の少ない安定した通信が可能です。とは言え、これは理屈上の話し。実際の通信速度や電波の強さは住宅内外の環境に左右されるため、5GHz帯で接続するよりも2.4GHz帯で接続したほうが通信が安定する場合もあります。

 接続済みのアクセスポイントをタップすると、Nexus7とアクセスポイントとのリンク速度が表示されます。2.4GHz帯と5GHz帯のどちらが安定し速度が出るか、この値を参考にしながら決めると良いと思います。

 ちなみに僕の環境では2.4GHz帯よりも5GHz帯のアクセスポイントに接続したほうが安定しています。

 

 以上が、僕が設定しているNexus7の「無線とネットワーク」に関する内容です。

広告を非表示にする