世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

僕がiPhone4SからiPhone5sに機種変更したい理由

 先日、Appleから新型iPhoneのiPhone5sとiPhone5cが発表されました(sとcが小文字になって、なんだか違和感)。発表される前は端末の仕様も分かりませんでしたし手持ちのiPhone4Sの2年縛りも終わっていないので、とりあえずスルーかなと思っていました。けれども、発表後の端末仕様を見ていたら2年縛りの残債どーのこーのよりも、発売日に機種変更したい衝動に駆られました。以下、その理由を残しておきます。

 

 ちなみに、iPhone4S/iPhone5s/iPhone5cの端末仕様比較はこちら

 

ところでiPhone5c

 9月20日から各キャリア(Docomo、au、SoftBank)で新型iPhoneの取り扱いが開始されます。今回はiPhone5sとiPhone5cという性格の異なる2種類の端末になります。性格の異なる2種類の端末、と書きましたけれども、僕の中では上位版がiPhone5s、廉価版がiPhone5cという位置付けです。廉価版だからといって全てに劣るかというとそうでもなく、iPhone5sには無いカラーバリエーションが魅力の一つになっています。

 ただ僕は、iPhone5cに機種変更しようとは思いません。その理由は以下の2つ。

 

微妙に大きく、重い

 先の仕様比較のリンク先を見ると分かるんですけど、iPhone5cはiPhone5sに比べてサイズが大きく、重いです。よく見るとそれほど変わんなくね?と言われればそれまでですし、実際手にするとほとんど気にならないのかもしれません。

 

性能が低い

 iPhone5cはiPhone5sに比べてCPUチップが劣ります。コプロセッサも省かれています。メモリは代々公表されていないのでなんとも言えませんけれど、ここにも差があるのではないかと個人的には思っています。そこまで性能にこだわるほどゴリゴリ使っているのかと言われると、使っていません。正直、現時点ではオーバースペックだと思います。ただ、僕のiPhone切り替えサイクルは2年ごとなので、再来年までストレスなく使いたいという理由からiPhone5cは除外される、というわけです。

 

そしてiPhone5s

 ここからiPhone5sに機種変更したい理由を書いていきたいと思います。

 

処理性能が向上

 Appleの公式ページには2倍CPU、2倍GPUと書かれています。何と比較して2倍なのか。2倍って速度のことか?とあまりにも省略されすぎていて想像することしかできませんけれども、まぁ間違いなく手持ちのiPhone4Sよりは軽快に動作すると思います。性能に関しては上述した通りですし、性能が高くて困ることはありません。

 

バッテリーが長持ち

 あくまでも手持ちのiPhone4Sと比べて、という話しです。仕様上は、連続待受時間が50時間も伸びています。携帯端末(iPhoneに限らず)のバッテリーについてはなかなか劇的な向上が見られないせいか、一回の充電で少しでも長く使えると非常にありがたく感じます。

 

LTEが使える

 iPhone5から使えますけど、僕は見送っていたので今回機種変更すればようやくそのサービスを利用できます。3G回線の速度で困るケースはそうそうないけれど、早いに越したことはありません。

 

テザリングが使える

 これもiPhone5から。手持ちのiPad miniやらNexus7やら携帯ゲーム機やら、全て3G契約せずWi-Fi環境下でしか使えなかったので、iPhone5sのテザリングを利用すれば外出先でもそれらの機器を使えるようになります。

 

11nが5GHzに対応

 Wi-Fiの性能も多少進化がみられ、802.11nが従来の2.4GHzに加え、5GHzに対応してデュアルバンドになりました。僕の自宅の環境では5GHzのほうが通信速度、安定性ともに2.4GHzよりも高いのでありがたい話しです。欲を言えば11acに対応して欲しかったところですが…

 

電源ケーブル

 Lightningコネクタになるので、iPad miniの電源ケーブルと(文字通り)一本化できる。

 

 

 以上が、僕がiPhone4SからiPhone5sに機種変更したい理由です。

 

 あー9月20日が待ち遠しいなー。

 

 今回はどのキャリアも予約を受け付けていないので、発売当日に手にすることができるかどうかが不安…

広告を非表示にする