世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

iPhone5sのテザリング機能を利用してMacBook Proをネット接続する方法

 iPhone5からテザリング機能が使えるようになりました。僕はiPhone5をスルーしたので機種変更したiPhone5sからようやくテザリング機能を使えます。

 

 テザリングとは、サービス端末(今回はiPhone)を介してパソコンやタブレット端末、ゲーム機などをインターネットに接続できる機能のことです。これにより、従来は自宅や職場などのWi-Fi環境下でしかインターネットを利用できなかった端末が、携帯電話の電波の届く範囲ならどこでも利用できるようになります。しかもLTEサービス範囲内であれば、Wi-Fi環境下ほどではないにせよ、それなりに高速な環境でインターネットを利用することができます。

 

 テザリングを利用するためには、サービス端末の準備(iPhone)、接続する機器での設定が必要になります。

 今回は、接続する機器をMacBook Proとして説明したいと思います。

 

1.サービス端末(iPhone)の準備

 [設定] - [インターネット共有] を開き、インターネット共有をONにします。iPhoneをWi-Fi接続している場合、この時点で携帯電話網へと切り替わります(画面上部のステータスバーが4Gになる)。

 インターネット共有の説明欄にアクセスポイントの名前が表示されているので確認しておきましょう(僕の場合は***の iPhone5s)。

 この画面に表示されている「"Wi-Fi"のパスワード」は接続する機器から入力する必要がある大事なものです。暗記するには大変な文字列が並んでいるので、いろんな機器を接続したい場合は覚えやすいパスワードに変更しておきましょう。

 iPhone側ですることはこれだけです。接続する機器の設定が済むまでこのまま放置しておきます。

f:id:jolene:20130924122826p:plain

 

2.MacBook Pro側の設定

 Wi-Fi設定画面を表示します。ステータスバーにあるWi-Fiアイコンをクリックします。

 先ほど確認したアクセスポイントが表示されているのでクリックします。

f:id:jolene:20130925215832p:plain

 

3.パスワード入力

 iPhoneに表示されていた「"Wi-Fi"のパスワード」を入力します。

f:id:jolene:20130925215902p:plain

 

4.接続完了

 iPhone5sとMacBook Proのリンク速度は65Mbpsです。

f:id:jolene:20130925215916p:plain

 

 以上で接続作業が終了し、MacBook ProからiPhone5sを介してインターネット接続できるようになりました。iPhone5sのステータスバーには「インターネット共有:1台接続中」と表示されています。この状態になれば普通にiPhoneを操作しても接続が途切れることはありませんし、スリープ状態にしても大丈夫です。接続を切断したい場合は、インターネット共有をOFFにするか、Wi-FiをOFFにします。

 

 これでいろんな機器を外に持ち出してインターネットを楽しむことができます。ただし、ソフトバンクでは通信データ量が月に7GBを越えると大幅に通信速度が下がるという制限があります。動画コンテンツなどを大量に見ない限りは越えないデータ量だと思いますけれど、ご利用は計画的に。

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.6GHzQuadCorei7/8GB/512GB MC976J/A

Apple MacBook Pro withRetinaDisplay15.4/2.6GHzQuadCorei7/8GB/512GB MC976J/A

広告を非表示にする