世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

iPhoneアプリのArchive時に出る警告(-19011)を解決する方法

 いつの頃からか分からないけどiPhoneアプリのリリース用に [Product] - [Archive] を実行するとWarningが出るようになってた。

 

warning: Application failed codesign verification. The signature was invalid, contains disallowed entitlements, or it was not signed with an iPhone Distribution Certificate. (-19011)

 

 おそらく開発環境を2台目に移行してからだと思うけど、署名が正しくないよと警告が出ているわりにはリジェクトされずにリリースできた。

 とは言え気持ち悪い状況であることには間違いないのでいろいろとやってみたら、以下の方法で解決できた。

 

 1.Xcodeの左ペインでプロジェクトを選択する

 2.[PROJECT] でプロジェクト名が選択されていることを確認する

 3.[Build Settings] - [Code Signing] - [Code Signing Identity] - [Release] をアプリ申請用署名に変更する

 4.[Build Settings] - [Code Signing] - [Code Signing Identity] - [Release] - [Any iOS SDK] をアプリ申請用署名に変更する

 

 これで警告が消えて気持ちよくアプリをリリースすることができる。それにしてもWarning内容が意味不明すぎ。

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】

広告を非表示にする