世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

Google Adwordsのプロモーションコードを入力して1か月経った結果

 以前、Googleアドワーズに関連した2つの記事を書きました。

Googleアドワーズでプロモーションコードを入力する手順

Googleアドワーズでプロモーションコードを入力したのに残高に反映されない件

 2つ目の記事で「入力したプロモーションコードは1か月後に反映される」ということがわかりました。今回は、その結果報告をしたいと思います。

 

 まずはスクリーンショットを見てください。

f:id:jolene:20130628164614p:plain

 

 5月25日からサービスを開始して以来、設定した広告が掲載され、順調に料金が加算されていました。6月27日にプロモーションコードという内容とともにクレジットが発生しています。これにより、広告掲載料金が相殺されるだけでなく、残高がプラスの状態になりました。

 

今回のことで分かったこと

 プロモーションコードを入力してからおよそ1か月経過後にクレジットが発生する。

 クレジットは、実際に利用した金額が付与される。ただし設定金額(僕の場合は最大15,000円)以内。

 今回、実際に利用した金額プラスアルファがクレジットされているが、理由は不明。

 

 僕は当初、手動支払いで1,000円入金していましたが、サービス開始と同時に自動支払いでも設定金額を越えなければ費用をかけずに宣伝することが可能な気がします。また、僕は500円/日を上限金額として設定していましたが、それに届いていない日も多く、プロモーションコードを最大限活用できなかったと思います。宣伝内容やクリック数に応じて、プロモーションコード有効期間内に1日の上限金額を見直す必要があったと思います。

 

 この情報が、今後プロモーションコードを利用して宣伝したい人のお役に立てれば幸いです。

Google AdWords 成功の法則

Google AdWords 成功の法則

広告を非表示にする