世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

テレビ番組「ほこ×たて」に対する感想

 テレビ離れが叫ばれて久しい昨今ですが、僕は比較的テレビが好きで週に20時間ぐらいは観ています。テレビをつけっぱなしにしておいてダラダラと見るのではなく、好きな番組だけを録画しておいて時間があるときに観る、というスタイルです。

 

 今回はその中から「ほこ×たて」を取り上げ、感想を書いていこうと思います。

 

番組概要

 ・フジテレビ系列の放送局で毎週日曜日の19:00〜に放送されている

 ・対決バラエティ番組

 

この番組に対する感想

 この番組を見ていて常々思うのが前置きが長すぎるということ。対戦者それぞれの情報はもちろん必要だし、その知識や技能の紹介は対決に向けての煽りでこれまた必要だということも分かるのだけど、実際対決が始まるのが番組を開始して30分経過してからというのはあまりにも長すぎる気がする。幸いにもというか、意図的にというか僕はこの番組を録画しているので対決の場面までは早送り。視聴時間は賞味10分程度。とてもオンタイムでは観てられません。

 

 で、実際の対決ですが、ほこ×たてと言っている割には疑問符がつく対決もあります。特にラジコン関係が顕著で、ラジコン対動物やラジコン対スナイパーなどは「矛盾」とは言い切れない気がして見る気が失せてしまいます。

 

 とは言え、個人的にはハッカー対セキュリティや開かない金庫対開ける職人など興味をそそられる対決も多く無視できない番組の一つです。

ほこ×たて DVDブック 最強ドリルVS最強金属 編

広告を非表示にする