世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

僕が新型Nexus7を購入する理由

 先日、新型Nexus7の発表とアメリカでの発売が決定しました。

 グーグルが新型Nexus7を発表、少し小さく軽くなって背面カメラを装備

 

 まだ日本での発売は発表されていませんし、手にとってサイズや操作感を体験したわけではありませんが、すでに僕の中では新型Nexus7を買う気マンマンです。なぜそう思うに至ったのか、その理由を書いていこうと思います。

 

Android端末デビュー

 僕は未だにAndroid端末を所有していません。初代Nexus7を購入する機会もあったのですが、iPad miniとNexus7で迷い...結果、iPad miniを購入しました。iOS端末はiPhoneとiPad miniで個人的には十分。新型Nexus7は、前回抱いていた不満点を大部分解消してくれているので購入しようと思った次第です。

 

Android用アプリを開発したい

 iPhone/iPadアプリは開発してきました。それをAndroidにも水平展開できないかと目論んでいます。Android端末が手元になかったので実現できていませんでしたが、新型Nexus7の購入をきっかけにアプリ開発を始めていきたいと思っています。

 

サイズ、軽さがiPad miniに近くなった

 新型Nexus7のサイズを初代Nexus7と比較すると、縦は微妙に大きく、横は若干狭く、厚みは若干薄くなり、重量も若干軽くなりました。これを現行iPad miniと比較すると、縦は変わらず、横は若干狭く、厚みはiPad miniより微妙に厚く、重量は新型Nexus7のほうが軽いです。特に、横幅が狭いことと、重量が300gを切ったことで、より持ちやすく疲れにくくなったと考えられます。また、個人的に気に入らなかった初代Nexus7のベゼル(外枠と液晶の間)の幅が、新型Nexus7では狭くなりよりスタイリッシュになっているところもうれしい改善点です。

 

基本性能も大幅に向上

 外観だけでなく、基本性能も向上しています。CPUやGPUのクロックアップはもちろん、メモリも2GBを搭載。解像度も1280×800だったのが、1920×1200となり、より高精細なディスプレイになりました。個人的に高精細液晶へのこだわりはパソコンだけでいいと思っていましたが、このサイズと300gを切る軽さに搭載されていることを考えると心動かされます。

 

新型iPad miniは新型Nexus7に比べてスペック不足と予測

 新型Nexus7を購入する上で考えておきたいのが新型iPad miniの存在。噂はいくつかありますが、Appleからの公式な発表はまだありません。

 以前、現行のココを改善した次期iPad miniなら即買いしますという記事を書きました。現行iPad miniのスペックアップを要望したものです。個人的な感覚としては、新型iPad miniが新型Nexus7のスペックを超えてくることはないと踏んでいます。もちろんOSが違うのでスペックがそのまま端末の優劣を決めるわけではありませんが、少なくともRetinaディスプレイは搭載しないだろうと。理由は先の記事に書いてあります。

 

現行iPad miniで十分

 仮に新型iPad miniが新型Nexus7のスペックと同等あるいはそれ以上だったとしても、個人的には現行のiPad miniで普段使いとしては十分です。今のところは買い替えを検討しなければいけないスペックではありませんし、物理的に破損したというわけでもありません。僕の部屋にはMac製品がいくつかありますが、新製品がリリースされるたびに買い換えるほどの信者でもありません。今年中に発売されるであろう新型iPad miniは見送ろうと思います。ただし、現行のiPad miniで今秋発表予定のiOS 7の使用に耐えうるのかという懸念はありますが。

 

 

 以上が、僕が新型Nexus7を購入する理由です。日本での発売がいつになるのか、気になって気になって夜しか眠れません。

Google Nexus 7 Wi-Fiモデル 32GB

広告を非表示にする