世界はエロでできている

世の中には2種類の人間しかいない。エロい人間と、エロいことを自覚していない人間だ。

iPhoneアプリを売るために考えた3つの案のその後

 以前、iPhoneアプリが売れないのでそれを打開するために僕が考えた3つの案という記事を書きました。その後の進捗を残しておきます。

 

1.iPad版を開発する

 iPhoneアプリをiPadに対応させるのは意外と簡単でした(iPhoneアプリをstoryboardでiPadに対応させる手順(ユニバーサル化))。iTunes Connectでの審査もあっさりと通り、今はApp Storeに並んでいます。

 iPhoneアプリでは競合が多いですが、iPadではそれと比較すると競合が少なく、検索すると割りと上位に表示されています。iPhoneアプリのみ作っている方はiPad版も作ることをオススメします。

 

2.無料iPhoneアプリを開発する

 無料ですけど広告付きのアプリを開発しました。iTunes Connectでの設定(iPhoneアプリでiAdを利用するために必要なiTunes Connectの設定)とソースコードレベルでの変更が必要になりますが、それほど難易度は高くありませんでした。

 これも審査を通り、App Storeに並んでいます。iPadに対応した無料版も同時に開発しました。

 

3.Googleアドワーズで宣伝する

 有料iPhoneアプリをGoogleアドワーズで宣伝しました。結果、宣伝中にダウンロードされたのは数件でした。全てのダウンロードがGoogleアドワーズ経由だったのかは知るすべがありませんが、宣伝効果があったことは間違いないと思います。プロモーションコードが手元にあるなら、試してみる価値は大いにあります。

 

 

 僕がその当時考えた3つの案はすべて実行し、現時点で有料アプリ(iPhone/iPad)と無料アプリ(iPhone/iPad)がApp Storeに並びました。目標は有料アプリを売ってApple Developer Programの費用を賄うことですが、まだ思ったほどには売れていません。さらなる案を練らなければいけない状況です。

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】

絶対に挫折しない iPhoneアプリ開発「超」入門【iOS6対応版】

広告を非表示にする